スマートフォンにもしものことがあったら自分で修理できるのか

>

自力でスマートフォンは修理することができるのか

スマートフォンの劇的な普及と進歩

最近のスマートフォンの進化と普及の速さは目覚しく、ほぼ国民のほとんどがスマートフォンを持っていることでしょう。
その便利さとツールの多さから単なる電話としてではなく、非常に大事なコミニュケーションツールとして認知されています。
やはり電話機能だけではなくメールやインターネットへの接続、またコミニュケーションツールとしてのSNSやLINE、ツイッター、インスタグラムなど様々な機能が充実しておりそちらの活用を主にしている方のほうが圧倒的に多いと思います。
またカメラもスマートフォンは充実しており、ほぼデジタルカメラを駆逐してしまったといっても良いでしょう。
現在の我々の生活に必要な機能がほとんど入っている、しかも手のひらサイズで持ち歩けるというのが最大の普及の理由でしょう。

一時も手放せないスマートフォンの便利さ

こういった機能を使い始めると片時もスマートフォンを放すことができなくなってしまい、ほぼ依存といっても良い状態になってしまいます。
街を見てもみんな視線はスマホの画面を見ており、前を見ている人は殆どいません、よくぶつからないものだとビックリします。
また電話で会話をしている人を見ることが異常に少ないですね、これはSNSやLINEで殆どの他人とのやり取りが住んでしまうためだと思います。
会話を実際にするよりも早くて簡単で時間に縛られないことが理由の大きなところだと思います。
本当に皆さん画面に気を取られていて歩いていても、電車に乗っていても、車に乗っていても片時も画面から視線をはずすことがないですね。
一見異常な光景にも映ります。